断熱材について

京都市北区の藤本工務店です。

京都市左京区の新築現場での作業です。木造家屋にとって結露は木材を腐らせるなど重要な事です。外気温と内気温の差で壁内結露になる可能性もあります。なので断熱材を充填する時は柱の見付け面にしっかりと留めないと、結露防止及び断熱効果を高める事が出来ません。下の写真の様に断熱材を入れる事によってしっかりと効果を発揮する事が出来ます。

今年は凄く寒い冬なのでこの家もこれで防露、断熱効果が発揮すると思います。では!

施工前

 

 

 

 

 

 

 

施工後

 

 


一覧ページに戻る